栄養機能食品について

ここでのポイント

  • 栄養機能食品は栄養成分が国の定める基準の範囲で含まれている規格基準型の健康食品です。
  • 含有する栄養成分の体に対する働きとその含有量などか記載されています。
  • 現在、ビタミン12種とミネラル5種について基準値が定められています。
  • 製品には、次のような表示がありますので、他の食品(いわゆる健康食品)と区別することができます。

    <正しい表示例>
    商品名:○○
    ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
    食生活は、主食、主菜、副菜を。
    栄養機能食品(ビタミンB2)

    <不適切な表示例>

    ダイエット用食品○○成分△△・ビタミン2含有
    栄養機能性食品の成分が基準値以上含有していても、「ダイエット用」など特定の目的を表した食品に栄養機能食品の表示は出来ません。
  • 紛らわしい表示の禁止…○○機能食品・機能○○食品・栄養機能○○食品
  • 表示の義務付け…バランスの取れた食生活を普及啓発するため「食生活は、主食、菜食、副食を基準に、食事のバランスを。」の表示を義務付け。

解説

栄養機能食品認可

栄養機能食品は、一日あたりの摂取目安量に含まれる該当栄養成分量が国の定める上・下限定値の範囲で含まれているものについて、製造(販売)者が任意に栄養成分の機能を表示することができるものです。

したがって、特定保健用食品のように個別に許可を得たものではありせん。

 

製品には上の正しい表示例のように記載されています。現在、12種類のビタミン類と5種類のミネラルについて基準値が定められています。

 記載できる機能は、栄養成分ごとに定められており、それ以外の効果を記載することはできません。

また、栄養機能表示だけでなく、注意喚起表示もあわせて記載されています。

栄養機能食品は日常の食生活で不足しがちな栄養成分を補給する事が出来ますが、摂取しすぎると悪影響を及ぼす成分もありますので、記載された摂取目安量を参考に、過剰摂取に注意する必要があります。

フリーダイヤル120-151-970
お問合せフォーム