花粉症のワードはNG? 花粉対策サプリに関する広告表現の問題点とは

寒い冬が終われば待ちに待った春。

しかし、喜んでばかりはいられないという方もいらっしゃいますよね。

そうです、多くの方にとって悩みの種である花粉。

花粉症や花粉症予備軍の人は年々増加の傾向にあるといわれています。

薬を服用すると眠くなり、車の運転時や仕事にも影響がでるという方々にとって、薬の服用に抵抗を感じる場合も多いはず。

それなら、サプリで眠くならないという訴求で積極的に広告を出していきたいところです。

でも、注意しなけなければいけないのが薬機法です。

ご存知のように、医薬品的な効能効果を謳うことは当然NG。

では、どんな表現であれば使用可能なのでしょうか。

 

花粉というワードや花粉症を暗示するような表現はNG

「花粉症」自体が、特定疾患となります。

医薬品的な効能効果の暗示に該当することになり、健康食品の分野ではNGです。

よく、「症状」への言及が出来ないのならということで、「花粉の季節に」「花粉対策に」「辛い花粉の季節」といったフレーズを見かける場合がありますが、残念ながらこのような表現もNGと判断されるケースがあり、薬機法抵触の免罪符になりません。

「花粉症」という表現をストレートに標ぼうしていなくても、文章全体の内容から、その商品が「花粉症の症状を予防・改善」するものであるという「暗示」自体も一切認めないと判断されるためです。

 

花粉症への効果の標ぼうについて(東京都福祉保険局のHPより)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/kenko_shokuhin/ken_syoku/index.files/pollen.pdf

 

その他「花粉症の暗示」と判断されやすい表現・・・

「花粉」「スギ」「ひのき」「飛散」「春のムズムズ・クシュクシュ」「ティッシュ・マスクが手放せない」「春になると憂鬱」

などは、「花粉症をイメージさせる標ぼう」や「花粉症特有の症状」を示唆する表現に該当すると判断されるので使用は避けるべきです

それだけでなく、イメージ画像で、「花粉が飛散しているようなビジュアル」「マスクをした人物や、鼻をかんでいる場面」といったものも暗示とみなされますので注意が必要です。

 

表現可能なフレーズ

「気持ち良く春を迎えたい方・過ごしたい方」「冬から春の季節の変わり目が苦手な方」「転ばぬ先の杖、春を元気に過ごしたい方」「春を快適に」・・・など

こうした表現は、必ずしも改善や予防を示唆しているとはいえないと判断します。

 

可能な表現でもNGとなる可能性もあり

ただし、前後の文章や使用するイメージ画像によっては、可能な表現に留まるものであっても「花粉症の暗示」と判断される可能性も皆無とはいえないので注意が必要です。

又、「鼻水」などの花粉症をイメージさせる恐れがある「グズグズ」といった擬態語。

「グズグズ」が花粉症に対してではなく、「グズグズとは、気にしてしまうという性格や気持ちのこと」と抗弁できると考えられることができれば、必ずしも不可とは言えません。

「グズグズ」の表現例

NG例 「季節の変わり目になるとグズグズしてティッシュが手放せない方」

OK例 「季節の変わり目になるとグズグズしてしまう方」

 

いわゆる一般的な健康食品やサプリでは、目や鼻の不快感、花粉症に言及できません。

例外として、商品の含有成分に「花粉」を使用している場合であれば、健康食品であっても「花粉」を表現することは可能と考えられますし、目と鼻の不快感に言及できる機能性表示食品を検討されても良いかもしれません。

 

 

~お知らせ~

当社では、「薬事法」「景品表示法」「健康増進法」の視点から広告媒体をチェック致します。

見積もりは、何回でも無料!一緒にNG箇所の有無もチェックします。

広告ライティングに便利!「薬事法NG集」&「薬事法OK代替え表現集」も好評発売中!

薬事チェックができます薬事のチェック無料